「できる前に予防する」という意識を持ち、日頃からケア!

まずは保湿やUVケアなど、基本的な予防策から…

ほうれい線ケアの案内嬢

一度できてしまうと、なかなか改善・解消が難しいといわれる「ほうれい線」。

私は大丈夫…と安心している方、勝負は20代のうちからスタートしています。

「できる前に予防する」という意識を持ち、日頃からケアに努めましょう。

毎日の積み重ねが5年後、10年後に、あなたのかけがえのない財産=「若々しい肌」を実現します。

■意外に忘れがちな紫外線対策(UVケア)

お肌の「ハリ」を支えているのは「コラーゲン」と「エラスチン」という物質。

いずれも紫外線によって傷つきやすいことが知られています。

したがって、紫外線対策(UVケア)を正しく行なうことで「たるみ」を予防することが重要。

一般に「日焼け止め」と呼ばれるUVケア化粧品を活用しましょう。

注意が必要なのは、夏場だけ、外出時だけ使用すればOK…という「誤った常識」。

実は、冬場の紫外線は夏と同等かそれ以上。

室内にも放射されるため、1年を通じてケアを行うことが欠かせません。

ケアのコツは、大量の化粧品を一度に使用するのではなく、こまめに塗りなおすこと。

薄くても良いので、1日に3度くらい、時間をおいて丁寧に塗ってください。

■血行不良も大敵!乱れた生活習慣、「冷え」にも注意

肌の「たるみ」は血行不良によって引き起こされるケースが少なくありません。

女性は「冷え性」にお悩みの方も多く、その症状によって誘発される様々な肌トラブルに注意が必要。

ほうれい線もその一つです。

特に更年期以降は、ホルモンバランスの変化から冷え性が悪化する危険性が高く、予防・改善に配慮しなくてはなりません。

冷えの改善に運動習慣、定期的なエクササイズが効果的。

軽い運動でOKなので、ウォーキング、室内で可能なストレッチなど、習慣として取り入れてみましょう。

そしてもちろん、睡眠時間の確保、栄養バランスに対する心がけも必要不可欠。

いずれも不足すると血行悪化のリスクを高めます。


以上の点を踏まえればお分かりのように、ほうれい線を予防するためには毎日のケア、努力の積み重ねが欠かせません。

まずはできることから、続けられそうなケアから始めてみてください。

いきなり全てのアプローチを実践すると、取り組みが負担になり、結局は続かないケースが多いようです。

できることから、コツコツと。

まずは保湿やUVケアなど、基本的な予防策からで全然OK。

1ヶ月もすれば、今までとの「違い」を実感できるはず。

無理をせず、気軽に始めてみてくださいね。


ほうれい線に効く化粧品@人気ランキング

ほうれい線によく効く化粧品をランキングでご紹介しています。すでに体験された方の口コミやレビュー、モニター調査やリピート率、売れ筋情報、などを参考にして、サイト独自の調査で、人気商品をランキングしてみました。

詳しくは、コチラ↓

ほうれい線・化粧品の人気・売れ筋ランキング


このページの先頭へ