お肌のたるみや弾力の低下はほうれい線の要因です

ほうれい線クリームの選び方…確かめるべきポイントは保湿成分

ほうれい線ケアの案内嬢

ほうれい線が生まれる原因は老化だけに限らず、「皮膚の乾き」「日光の紫外線」「喫煙の習慣」「アンバランスな食事の内容」「むくみ」なんかも決定的な原因です。

カサつきをそのままにしておくと皮膚がたるみがちになってしまって、強い紫外線を浴び続けると皮膚のハリのもとであるコラーゲンあるいはエラスチンが低下。

さらに老化現象でも皮膚はたるみますし、喫煙の習慣やアンバランスな食事の内容を続けても弾力性は失せてしまいます。


お肌のたるみや弾力の低下はほうれい線の要因です。

生活習慣や食事の中身を変えるといったことも重要ですが、日頃のケアでお手入れをするということも大事。

マッサージだけじゃなく、クリームを使用したお手入れをすると、ほうれい線が深刻になってしまうことを防いでくれるでしょう。

日々のお手入れに取り込んで、ほうれい線を防ぎましょう。

ほうれい線クリームの選び方

それじゃ、ほうれい線が発生する原因がよく分かったところで、ほうれい線対策のクリームはどのようなポイントに気を付けて選んだらいいのでしょうか。

これまで以上に効き目のあるほうれい線クリームを手にするために考慮しておくべきキーポイントを4つご案内します。

さしあたって確かめるべきポイントは保湿成分

覚えておいてほしいのは、カサつきを抑止することを考えて十分満足できる保湿成分が含有されているかを把握することが大切になります。

皮膚は潤いが無くなると真皮に存在する線維芽細胞の作用がセーブされ、弾力性やハリの元となっているコラーゲンあるいはエラスチンが欠乏することにより、たるみやすくなりほうれい線を生成してしまいがちです。

ほうれい線クリームに調合されておかなければいけない保湿成分としては、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「スクワラン」など。

なかんずく「セラミド」は保湿成分の中にあってもモイスチュア効果パワーがすごく高くて、その中でも「ヒト型セラミド」というセラミドは一番の保湿効果が見られます。

お肌の弾力性を回復するエイジングお手入れ成分もチェック

皮膚の弾力性の弱まりと加齢に伴うたるみは、ほうれい線が見られる原因のひとつ。

年齢に応じたエイジングケア成分が配合されているかどうかのチェックも大切です。

弾力性・ハリを保持する成分に注視!

お肌の弾力性を回復させるには、コラーゲンやエラスチンが調合されたのをセレクトするのがイチオシ。

さらに、それらの形成をバックアップしてくれる成分を一緒に摂り込むことで効果はこれまで以上にアップすると言えます。

抗酸化力のある成分でお肌のたるみを抑止する

年齢に見合ったエイジングお手入れにおいては、抗酸化力が強力な成分である「アスタキサンチン」あるいは「フラーレン」といったものが調合されたクリームを選択するのがおすすめ。

私どものからだを構成している細胞は、直射日光や喫煙の習慣など色々な外部的原因によって酸化反応を引き起こしていきます。

生活スタイルを改めて外的因子をとってしまうことも求められますが、抗酸化力の際立つ成分を取り込んでやるということも重要。

プラスしてチェックするようにしましょう。

口のまわりの肌は刺激にもろい!安全性に配慮

ほうれい線ができる口のまわりのスキンは薄く、しかもいつも活動することから、外圧にもろいという傾向も見受けられます。

その点から安全性に十分に特別に配慮されているかのチェックもやってみましょう。

保存料・香料・着色料・石油系界面活性剤などの付加物は、なるだけ調合されていないタイプをセレクトするのが安心です。

こういった刺激性のある成分のあるのかないのかは、販売品パッケージの裏なんかでチェックできます。

とりわけ敏感肌の人なんかは用心深くチェックしてみましょう。

コストパフォーマンスも重要視して長い期間に亘るケアは大事!コストと成果のバランスも大事に考えよう

ほうれい線クリームは、ほかの肌のお手入れアイテムと見比べてみても、コストパフォーマンスがとても重要になります。

ほうれい線は一度できてしまうと無くすというのはかなり簡単ではなく、お手入れにかなり時間がかかるでしょう。

評価が高い成分が加えられたタイプでも、一定レベルの長期にわたり、しっかりと用いていくことが必要なのです。

その点から、一年中継続使用することが難しいほど高価格のクリームでは、やり続けることができず結果につながりません。

あなたにとって無理を感じさせない金額で、それにもかかわらず絶対必要な成分がきちんと混合されているもの、すなわちコストパフォーマンスが良いほうれい線クリームを採り入れるようにしてください。



このページの先頭へ