ほうれい線を薄くするには弾力を保つためにコラーゲンの成分入りの化粧水でケア!

エクササイズで鍛えて筋肉をつけることが必要!

ほうれい線ケアの案内嬢

年をとると肌には加齢の影響で、ほうれい線ができるようになります。

60代になると肌が全体的に乾いてしまうので、頬にできた線がより深くなってしまいます。

しわは外見年齢を老けて見せてしまいますので、アンチエイジングを少しでもしたいのなら基礎化粧品とエクササイズでケアすることがおすすめです。


60代になってしわが特にひどくなってしまうのには、女性ホルモンの分泌が衰えてしまうことが関係しています。

女性ホルモンには肌に弾力を出すコラーゲンの生成を促進する働きがあるのですが、高齢になってしまうと女性ホルモンの量が減ってしまうのでコラーゲンの数も少なくなってしまうのです。

そのため60代に入ると肌の衰えが目立つようになり、深いほうれい線が刻まれてしまうようになります。

ホルモンだけでなく体の筋肉の量も減ってしまうので、下へと皮膚が垂れてゆきます。

ほうれい線を薄くするには弾力を保つためにコラーゲンの成分入りの化粧水でケアし、エクササイズで鍛えて筋肉をつけることが必要となります。


ほうれい線が60代になるとできやすくなるのは、肌の弾力を保つコラーゲンが少なくなってしまうからです。

足りないコラーゲンを配合した化粧水を日常で使うことにより、充分にコラーゲンを補うことできしわを薄くすることができます。

コラーゲンは肌に水分を与える保湿機能の働きがあり、肌に水分がないと保護膜の働きも悪くなるので紫外線の刺激を受けやすくなります。

コラーゲン入りの化粧水を洗顔後に欠かさずつけるようにして、しっかりと乾燥を防ぐようにしましょう。

化粧水を肌につける時は手のひらで温めておくと、肌の奥深くまで浸透させることができます。


衰えてしまった顔の筋肉は、舌を回すエクササイズをすることで鍛えられます。

口を開けないように注意しながら、下で歯茎をマッサージするようにゆっくり一周させます。

舌回しエクササイズは、右回りで10回ずつ、左回りで10回ずつとなります。

舌を回すことは口回りの筋肉を上手に動かすことができるので、ほうれい線の対策にはよく効きます。

このエクササイズの良い所は、ほうれい線対策になるだけでなく美肌効果と虫歯予防もできる点です。

舌を動かすとリンパが刺激され、唾液の分泌量も増えます。

肌はリンパの流れが悪いと状態が悪くなるので、刺激され流れが改善されることにより肌がキレイになります。

唾液は歯についた菌を落とす働きがあるので、唾液が増えることで虫歯になりにくくなります。



このページの先頭へ