美顔器を活用してほうれい線を薄くしよう

ほうれい線ケアの案内嬢

60代になるとほうれい線が本格的に深くなってきて、年齢を感じる肌に変わっていくはずです。

いつまでも若々しい肌を維持するために大切なのは心の持ち方であり、10年後をイメージする気持ちが重要です。

10年後は年齢相応に見せたいのか、マイナス5歳肌を維持したいのかによって、必然的にケアの方法が変わってくるでしょう。

何かをやろうと思ったときは、絶対に動機づけが必要になってきます。

60代になると肌のたるみが気になってくるので、ほうれい線もより目立つようになるでしょう。

少しでも薄くするためには美顔器がおすすめで、特にEMSタイプの美顔器はリフトアップ作用に優れており、表情筋を活発にし引き締めることができます。

通常のマッサージより深部まで作用しますので、肌の奥底から変えたい人におすすめです。


美顔器には実にさまざまな機能性があって、毛穴や角質をクレンジングできるのが特徴です。

肌表面の汚れはしっかりと落としていても、毛穴には詰まっているケースが少なくありません。

また60代になると肌代謝、つまりターンオーバーのサイクルが遅くなるので、古い角質の排出がスムーズにいかなくなります。

毛穴汚れと角質にはクレンジングが役立ちますが、市販のクレンジングを使用すると刺激が強すぎるという人には、美顔器を使用したクレンジングがおすすめです。

スチームで汚れを浮き上がらせる美顔器も登場しており、冷えて硬くなった汚れも除去できます。

何歳になっても美顔の基本は洗顔にあり、最初の洗顔となるのがクレンジングです。

超音波を発生させる美顔器は、微振動によって肌に心地よい刺激を与えられます。

肌は刺激を受けることで活性が高まり、本来の元気な状態に戻っていきます。


美顔器を使い続けるとリフトアップ作用によって肌が引き締まり、ほうれい線が目立たなくなってくるでしょう。

年齢を重ねるほど肌は重力の影響を受けるようになり、少しずつ垂れてくるのです。

美顔器で余分なたるみを解消していけば顔の輪郭が綺麗に形成されますし、ほうれい線の予防にもつながります。

60代になると肌が栄養素をスムーズに吸収してくれない状態になりますが、これも美顔器を使用すれば解決ができます。

ビタミンCやコラーゲンを肌に与えても、吸収力が低いようでは思うような実感は得られません。

大切なのは美肌成分の栄養素を高めていくことで、それを実現してくれるのがイオン導入タイプの美顔器です。

肌のストレスを解消するリラクゼーション作用も期待できますので、ストレスによる肌トラブル解消に役立ちます。

日常で実践したいほうれい線対策とは

ほうれい線ケアの案内嬢2

ほうれい線はたるみによって生まれるシワの一種であり、あらゆるシワの中でも最も見た目年齢に直結してきます。

つまりシワができやすい生活を続けていると、ほうれい線が深くなりやすいです。

特に肌を乾燥させる習慣は、肌のキメを粗くする要因になりますので、弾力性がなくなってシワが目立つようになります。

60代だから肌がカサカサになるのは当たり前と考えず、しっかりと保湿してあげることが重要です。

水分は紫外線のダメージを吸収する作用があり、肌水分が少ないと紫外線のダメージをまともに受けてしまい、ますます乾燥肌を促進するという悪循環になります。

このループを断ち切るためには、肌を徹底的に保湿させる必要があります。


筋肉が硬くなっている人もほうれい線のリスクが高くなり、慢性的な肩こりや首の痛み、頭痛などを抱えている人は注意してください。

筋肉が柔軟性を失っている状態は血液やリンパの流れが悪化しており、老化を招きやすい状態になっています。

痛みや違和感などを覚える部分はめぐりが悪化していると考えられますので、ここを活性化していく対策が必要になるのです。

黒酢やクエン酸などのサラサラ成分を補給するのもいいですし、定期的に整体施術を受けて不具合を解消してもらうのも手でしょう。

人間の身体は全身がすべてつながっていますので、ほうれい線などの肌トラブルが気になるときは、顔以外の部分にもトラブルが発生しているケースが多いです。


骨格の歪みもほうれい線の原因になりますので、虫歯や歯周病は早めに治してください。

片方でばかり咀嚼する習慣のある人は、顎の骨格のバランスが悪くなってきます。

人間の身体というのは左右アンバランスになると、さまざまな不具合が発生する仕組みがあります。

特に歯並びや噛み合わせに問題がある人は、ほうれい線が発生しやすいです。

歯をしっかりと治して口元を整えておくこと、定期的に小顔マッサージをすることなどが重要です。

エラが張っている状態もほうれい線を作りやすいので、噛み締めや食いしばりなどの癖を改善することも大切になります。

寝起きに歯が痛くなるという人は、就寝中にこれらの動作を行っている可能性があります。

骨格や筋肉に対して過度の負担をかけないことが、60代のほうれい線対策の基本です。

このページの先頭へ